REITの売買方法と判断基準

12月 9th, 2014

REITを売買する方法は株式と同じように4桁の証券コードがありますので、証券会社の口座で売買を行います。
REITの売買ルールも株式と同じで指値注文や成行注文が可能であるほか、呼値の刻みがREITの価格水準で定められていたり、資金効率の高い信用取り引きも可能です。

REITが株式と異なる部分は売買単位です。株式の場合は単位が銘柄ごとに違っていて、1口、10口、100口などばらつきがあります。しかし、REITの場合は売買単位がすべて1口です。つまりREITの最低投資金額とREITの価格がイコールになっているので、株式に比べたらわかりやすいようになっています。

REITの銘柄選びをする際には株式の投資尺度として利用されているPERとPBRが用いられます。たくさんのREITから銘柄を選ぶ際には投資指標を使って銘柄を比較することができます。

REITの魅力のひとつに利回りの高さがあるので、せっかくならば銘柄を比較する際には分配金利回りも投資判断として使うと良いです。過去の分配金の実績や予想分配金を参考にすることもできます。自分自身の投資方針に合わせて、条件に合いそうならばREITを選択すると良いでしょう。

This entry was posted on 火曜日, 12月 9th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 投資情報. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply