土地活用という観点での賃貸経営のメリット

1月 17th, 2015

アパートやマンションなどを買って賃貸収入を得る賃貸経営は実にたくさんのメリットがあります。
まず、もっとも大きなメリットとしては、定期的な現金収入を得ることができるということです。賃貸経営は入居者に住居を提供する対価として家賃を毎月支払ってもらうことになります。家賃は現金で毎月決まったタイミングで受け取れますので、生活資金にゆとりが生まれます。
老後の資金として、また公的年金の補助(私的年金)としての役割も果たします。

またあらかじめ土地を所有している方にとっては税制面でもメリットがあります。通常不動産を所有していると固定資産税や都市計画税が課税されます。固定資産税は土地や建物に応じた評価額と利用状況に応じて納税額が決まり、それを支払う義務があります。しかし、賃貸を目的としたアパートやマンションを建てると固定資産税と都市計画税が軽減されます。
更地にアパートやマンションを建てると固定資産税は1/6、都市計画税は1/3まで軽減されるので、大きな減税効果が期待できます。

つまり賃貸経営はアパートやマンションでは家賃収入を生み出しながら節税効果も期待できるので、土地活用の手段としても利用されています。

This entry was posted on 土曜日, 1月 17th, 2015 at 12:00 AM and is filed under 投資情報. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply